ズツノンDr.の頭痛解消効果が口コミで大評判!格安通販情報【送料無料】

ズツノンDr.の頭痛解消効果がどうして口コミで大評判なの!?理由を知りたい!

◆イタミにサヨナラ◆

片頭痛(偏頭痛)・緊張型頭痛対策サプリメント

頭痛・片頭痛はさまざまな要因から発生しています。特に「酸化ストレス・炎症体質」と「ミトコンドリア活性の低さ」、「月経によるエストロゲン変動」の、3つの要因がそれぞれ複雑に組み合わさって起こると言われています。

このため、高度な処方術がなければ、十分な改善の見込める薬の開発は困難なのでした。開発者の医師(男性)が自ら重度の片頭痛持ちで、自分のために手作りのサプリメントを開発。
その後、2年以上もの開発期間を経て、女性用に改良を加え
た『ズツノンDr.』が完成したのでした。

☆こんなアプローチ!

■酸化ストレス/炎症体質には・・・

抗ストレス成分「フィーバーフュー・大麦発酵GABA」がリラックスを促し、8種の温和漢が体の血流を改善してくれます。

■ミトコンドリア活性の低さには・・・

ミトコンドリアの活性化成分「マグネシウム・ビタミンB2」が、ミトコンドリアの動きやすい環境を作り出します。

■月経によるエストロゲン変動には・・・

月経による体の不調を「チェストツリー」が整え、エストロゲンと近しいイソフラボン「レッドクローバー」の補給で、その変動を抑えてくれます。

多くの頭痛研究者が推奨する西洋ハーブやビタミン・マグネシウムに、1800年以上前から中国で処方されてきた頭痛に効果のある8種類の漢方成分を配合。西洋と東洋のナチュラル成分が贅沢に配合されたサプリメントです。

☆実感できるから続けられる!

現役の内科医師が開発した「ズツノンDr.」だからこそ、含まれる成分に一切の無駄が無く、さまざまな頭痛要因を全てカバーしてくれます。体感として、頭痛の頻度の改善・体温の上昇・月経の安定が次々に現れ、多くの人が2〜3カ月後には劇的に改善するなど、愛飲者の満足度が90%と、ずっと頭痛や片頭痛に苦しんできた人たちから非常に高い評価を得ています。

☆こんな悩みや生活習慣におススメ!

定期的な頭痛に悩んでいる
頭痛薬を飲んでいてるが効果が無い
頭痛薬に頼りきりでなくては生きていけない
アルコール好き、たばこ好き
防腐剤添加物豊富なコンビニ食品好き(いずれも片頭痛の原因)
頭痛薬でいつか片頭痛が治ると思っている

☆知っておきたい豆知識!

●いわゆる頭痛薬は、あくまで鎮痛剤です。根本原因を取り除くものではありません。体質を改善しない限り、いつまでも頭痛や片頭痛と付き合わなければならないのです。

●先日、とても有名な頭痛薬に重大な副作用があるとニュースになりましたが、実は含有されている成分に、過去に死亡例もあるハイリスクな鎮痛成分が使用されていたのです。

●『片頭痛は体を冷やすと良い』と聞いた記憶があるかも知れません。これは大きな間違いです。あくまでも片頭痛が起きている瞬間にだけ有効な対処療法であって、本質的には体を温め、血流を改善させることが根本の体質改善につながります。無理なダイエットや冷たい物の摂り過ぎも、頭痛の改善にはマイナスとなるのでご注意下さい。

☆こんなにお得!

今なら、1袋(1ヵ月分・60粒入)通常価格7,960円(税込)を、3か月お届けコース申込みで初回60%OFFの2,980円(税込)【送料無料・14日間返金保証】で購入できます。2回目以降も半額の3,980円(税込)とお得。4回目以降は休止もできますから、まずは3か月、じっくりその実力を確かめてみて下さい。

※但し、妊娠中や授乳期の場合はご利用を控えて下さい。

 

ズツノンDr.の頭痛・片頭痛解消の効果が口コミで大評判!もっと詳しく配合成分を知りたい!

配合成分

還元麦芽糖水飴、フィーバーヒューエキス末、ショウガ末、デキストリン、レッドクローバーエキス末、チェストベリーエキス末、大麦乳酸発酵液ギャバ、ケイヒエキス末、冬虫夏草菌糸体末、田七人参末、クコシ末、サンシュユ末、チンピ末、カンキョウ末/酸化Mg、セルロース、V.B2、ステアリン酸Ca

フィーバーフュー(夏白菊)

本場ヨーロッパ産のフィーバーフュー(夏白菊)を使用。含有されているパルテノロイドという成分が、セロトニンに働きかけて過度な神経過敏を抑え、頭痛をやわらげてくれることが試験で実証されています。ズツノンDr.にはメーカー推奨量上限の110%配合。医師開発だからこそ、実感できる量をしっかり配合してくれています。

GABA

GABA(ギャバ)とは、乳酸菌が産生するアミノ酸伝達物質の一種で、脳内に作用して精神を安定させると言われています。正式名称はγ-アミノ酪酸でした。

私たち哺乳類の神経に存在するアミノ酸です。人間の脳内にも微量に存在しています。抑制作用のある神経伝達物質で、ストレスを緩和し、血圧を下げるなど、精神の安定に重要な役割を果たしています。

大麦などの穀物に多く含まれるアミノ酸として知られて来ました。脳にGABAを注入すると抑制作用を示すことが明らかにされ、ザリガニの神経筋接合部で、GABAが刺激に対して放出されることが証明されました。今では精神を安定させる作用以外にも、不安を緩和させたり、てんかんの予防や、血糖値を下げるなどの効果がることも分かって来ました。

レッドクローバー

イソフラボン含有のハーブとして、今、各研究機関で最も注目を集めています。

イソフラボンと言えば大豆をイメージしますが、レッドクローバーは大豆の10倍〜20倍もの「高吸収イソフラボン」を含んでいます。腸内細菌によって分解されなければ体内に吸収されない大豆イソフラボンと違って、体内への吸収速度も吸収量も大変に高いので、月経による片頭痛に対して効果を実感するスピードが速いのでした。

8種の漢方成分

古くから「呉茱萸湯(ゴシュユトウ)」という漢方の頭痛改善薬として処方されてきた生薬をベースとして、8種類の漢方成分を配合。体の冷えを取ることで血流の改善を促して、炎症体質を正常に戻していきます。体の体質を整えるために重要な成分として配合されているのでした


偏頭痛とは?

片頭痛とも書きます。頭の片側部分が激しく痛むもの、次第に片側からもう片側へと痛みの移るもの、又は全体に広がるものもあるのでした。

光や音に敏感になるなど、体の知覚の変化や吐き気・嘔吐といった症状が特徴の、さまざまな種類のある神経学的症候群です。血圧の低い女性に多くみられます。比較的軽度なものでも自覚できる拍動を伴って、数時間から3日程度に長引く場合もありました。

視覚障害をなどの前兆を伴わないものを「普通型偏頭痛」と呼び、「前兆を伴った偏頭痛」とは区別されています。その他、運動麻痺と前兆が起こる「家族性片麻痺性偏頭痛」や「孤発性片麻痺性偏頭痛」と呼ばれるものもあります。近親者に同様の症状があれば「家族性」、そうでなければ「孤発性」というわけでした。

偏頭痛の定義

次の5,4,3,2,1で表されています。

5回以上の発作
4時間から3日に渡る発症持続
片側だけの発症、拍動性、中程度から激しい程度の痛み、日常的な身体動作の回避やそれによる症状悪化、のうち2つ以上当てはまる
吐き気や嘔吐、羞明、音声恐怖のうち1つ以上当てはまる

偏頭痛の原因

偏頭痛の原因は多岐に渡りますが、大きく分けて「行動」「環境」「伝染」「食物」「化学作用」「ホルモン」が誘発因子として挙げられます。

更年期によるホルモンバランスの崩れ、月経前症候群、経口避妊薬の服用
身体や精神に対する過度なストレス、あるいは長時間に及ぶ緊張、睡眠不足
太陽光や強い照明による刺激
特定の臭い(良い香りや香水の匂いなども含む)による刺激
大音量や高音質、あるいは重低音などによる刺激
ムリなダイエットや偏食による必須な栄養素の不足
食物や金属、化学製品に対するアレルギー
喫煙(副流煙の吸入も含む)やアルコールの摂取
発酵食品などに多く含まれる「チラミン」や「グルタミン酸ナトリウム」の摂取
加工食肉に多く含まれる「硝酸塩」の摂取
ナッツ類の摂取

イソフラボンとは?

ポリフェノールの一種。女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンに似た働きがあって、更年期障害を防いで冷えを改善、抗酸化作用まであるとされています。

偏頭痛に直結する更年期障害とは何なのか。

閉経期に入った女性は卵巣の働きが弱くなり、そこで作られているエストロゲン(卵胞ホルモン)が急激に減少してしまいます。エストロゲンは脳から出る別のホルモンの指令を受けて分泌されるため、卵巣が必要量を生産できていないと、脳からの指令を伝えるホルモンがさらに多く出されて、結果的に体全体のホルモンバランスが崩れて行くのでした。エストロゲンには、血液中のコレステロールを下げる働きや、骨の密度を正常に保つ働きがあります。閉経期に入って極端に不足すると、慢性的な頭痛や偏頭痛、顔のほてりやのぼせ、発汗、冷え、腰痛、動悸など、自律神経失調症となって、イライラや不安な毎日を送るうち、ひどい場合には躁うつ病を発症することもあるのでした。このイソフラボンを摂ることで、更年期のエストロゲンの不足を十分に補うことができるのです。

マグネシウムとは?

人体の約5%を占める準主要元素(ミネラル)の一つで、カルシウムやリンと共に骨を形作る成分として欠かせません。

全ての細胞にも存在していて、ミネラルバランスを保つための重要な役割を果たしてくれています。酵素が、私たちの生命を維持するのに必要な化学反応を引き起こしているのはご存知でしょう。マグネシウムは、300種にも及ぶ酵素たちの働きを強力にサポートしているのでした。

がんの原因とも言われる活性酸素を還元して、無害化する抗酸化作用も広く知られるようになって来ています。神経の興奮を抑えたり、血管を広げて血流を改善する作用がストレスや緊張を緩和して、私たちの脳をよりリラックスした状態へ導いてくれるのでした。

このページからも「ズツノンDr.」オフィシャルサイトへリンクが貼ってありますので、ご紹介した基礎的な知識を参考に、初めてでも安心なさらなる嬉しい情報を是非じっくりとご覧になってみて下さい。

ズツノンDr.が大評判!通販利用者の効果への口コミ、やや辛口のコメント

「もっと穏やかな効き目かと思って気長に続けてみるつもりでしたが、考えていたよりずっと早かったので驚いています。病院の処方薬は体に合わなくてアレルギーを起こすので、少し時間がかかってもかまわないと思ってました。最初は、えっ、3か月?と、少し負担に感じましたが、今は始めて良かったと自分をほめています。あの頭痛前のいやな予感もなくなりました。ストレスがない分、毎日のオフィスでの能率も上がりました。」(40代女性/東京都)

 
ズツノンDr.の効果が口コミで大評判!販売サイトへ

このページでは、頭痛でお悩みの方々が安い価格や料金でズツノンDr.の通販や申し込みが出来るように、楽天やamazonなどのショッピングモールの販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料、代引き、コンビニ後払いOKで購入出来るかどうか、無料、お試し、トライアルキッド、トライアルセットがあるか、ポイントはあるか、値引きはあるか、返金、返品保証、保障はあるか、などの情報を紹介する予定です。ズツノンDr.公式サイトやブログ、コマーシャルやCM、コンビニ、専門店、動画などを情報源に、Twitterの口コミ、facebookのクチコミ、頭痛持ちブログ、レビュー、頭痛、偏頭痛、頭が痛い、頭の痛み、悪心、吐き気、頭痛薬、効く薬、頓服、特効薬、早く効く、直ぐ効く、胃に優しい、速効、副作用、タブレット、錠剤、ドリンク剤、粉薬、アンプル、頭が重い、発熱、風邪、アイスノン、二日酔い、ガンガンズキズキ、つらい、治し方、医薬品、医薬部外品、漢方薬、生薬、中医学、漢方処方、健康食品、食事、食べ物、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、作り方、服用方法、レシピ、サプリ、ケア、子供、女性、原料、材料、素材、安全性、有効性、天然、自然などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、結果、成果、簡単、手軽、メリット、デメリット、男性、メンズ、10代、20代、30代、40代、50代など、ケースによっては人気ランキング形式などで比較しておすすめして行きます。オークション情報(ヤフオクなど)、在庫、在庫有り、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、動画、NAVERまとめ、アットコスメ(@COSME)、VOCE、Domani、Grazia、MISS、女性誌などからの情報やテレビ、雑誌、週刊誌の話題についても調査して行きます。

ライブチャットを始めるには?はコチラ